働きながら勉強できる

レディ

諦めなければかなう

仕事をしながら新潟で社会福祉士になろうと決意をしてもなかなか勉強に集中できないことが多いです。しかし、そのような状況でも決して諦めないようにしてください。少ない時間のなかでも勉強をやり続けていけば、試験に合格することができます。新潟で社会福祉士を目指すとどうしてもレポート作成や課題の提出など様々なものが求められます。通信教育を受けているとスクーリングを受ける機会があります。スクールリングは社会福祉士になるためにはとても重要なものなので必ず出席をしてください。また、オリエンテーションでは色々な情報が得られます。忙しいかもしれませんが、可能な限り出席をしましょう。途中で帰ってしまうとかなりもったいないです。

広がる活躍の場

新潟で社会福祉士として活躍をすると行政機関や医療機関などで働くことができます。努力をすれば活躍の場を広げることができます。なので、これから新潟で社会福祉士を目指そうとしている学生から人気があります。さらに、社会福祉士はできるだけ住み慣れた地域で仕事ができることも人気のひとつとして考えられています。今まで以上に活躍の場が広がると、患者を元気にしよう、とする課題を見つけて乗り越えることができます。上手に課題を克服すれば、患者の表情も変わるのでやりがいが感じられます。少しずつですが理想の自分に近づくことができるので、過去の自分を変えることもできます。今後も社会福祉士は必要になってくるので、将来性があります。